I love Komiža in Croatia

クロアチアのコミジャに住みたい女がマイルを貯めて一人旅するブログ。 Please select your language from the "language" dropdown list.

【Croatia&Slovenia旅2016⑦】Split(スプリット)→Komiža of Vis Island (ヴィス島のコミジャ)

▼前回の記事はこちら

www.komiza-sumitai.com

 

街歩きで疲れたら、やっぱりこれです。 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215446j:image

 美味しー

 

フェリーでVis島へ

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215459j:image

 まだまだ歩きたいし見たいところもあったけど、

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215515j:image

 フェリーの時間が迫ってきたので、

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215528j:image

 そろそろスプリットとお別れ。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215555j:image

 フェリー乗り場へ向かいます。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215609j:image

これからフェリーでヴィス島へ渡ります。

※チケットは事前に購入済 

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215625j:image

 乗るフェリー。

想像以上の大きさにびっくり。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215639j:image

 こんな入口から入ります。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215650j:image

 席を確保。

といってもガラガラでした。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215704j:image

 ああ、スプリットとお別れです。

もっといたかったな。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215722j:image

 出航。

約2時間半の船旅です。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215733j:image

 だんだん日も沈んでいきます。

 

 

Vis→Komižaは島内のバスを利用

 

ウトウトしてはハッとしてを何度も繰り返しているうちに、ヴィス島に到着。

ヴィス島には、「ヴィス」と「コミジャ」の2つの町があります。
フェリーが着いたのは、Vis(ヴィス)。
私が泊まるのは、Komiža(コミジャ)。

フェリーの発着に合わせて、Vis⇔Komižaのバスが走っています。


フェリーを降りると、もう目の前にバスが止まっていました。

「このバス、コミジャに行く?」と運転手さんに一応確認し、乗り込みます。

 

30分位かけて山を越え、島の反対側の町コミジャに到着。
バス停からは、徒歩でアパートに向かいます。

 

▼アパートはこちら

www.booking.com

 

このアパート、オーナーがものすごく親切で、本当に素晴らしい滞在になりました。

バス停からアパートへの行き方も、事前にメールで詳しく教えてくれていたので、全く迷うことなく着くことができました。

チャイムを鳴らして少し待つと、ドアが開きオーナーが出てきました。

「よく来たね!会えて嬉しいよ!」
「どう?調子は?」
「疲れた~」
「島に渡るのは時間かかるからね」

なんて会話をしながら階段をのぼり、案内された部屋がこちら!

f:id:Komiza_sumitai:20170823215743j:image

 うわ~ステキな部屋!

 

f:id:Komiza_sumitai:20170823215754j:image

 水周りも広いしとっても清潔です。


このアパートにして良かった~。

 

荷物を置いたら、チェックイン。
コミジャとヴィス島のパンフレットや地図をくれて、これまためっちゃ詳しく、オススメのビーチやレストラン、ビューポイントなどを教えてくれました。

「僕は1階に住んでるから、何かあったらノックしてくれてもいいし、メールや電話してくれてもいいから。」とのこと。

オーナーが近くにいるって、これ結構心強いです。

 

 

お腹ペコペコだったので、近くのピザ屋さんへ。

ここで「マッシュルームのピザ」を頼んだのですが、出てきたピザには...マイタケのようなものが大量にのっていました。

 

実はわたし、マイタケアレルギーなんです。
少量でもエキスだけでも、食すと、そのあと何時間もひどい胃痛と吐き気に襲われます。

 

うーむ、これ私にはマイタケに見えるんだが、、、

 

店員さんに再度確認。
「これマッシュルーム?」
「はい、マッシュルームです。」

うーむ。。

 

迷いましたが、今日はろくな食事をとっていないので、栄養取らなきゃとか思って、恐る恐る少し食べます。

でもやっぱり怖くて、端の生地部分ばかり食べちゃいます。

結局、疑いが拭いきれず、マッシュルーム部分はほとんど残してしまいました。

 

そして部屋に戻ったあたりから...胃痛が。
で吐き気。
あーこれマイタケの時の感じだ。

どんどん具合悪くなってきたので、頑張ってお風呂だけ入って、寝ることにしました。

本当にひどい時は眠れないほどなんですが、この時はほとんど食べなかったおかげか、吐き気を抱えながらも眠ることができました。。


※日本に帰国してから改めて調べてみました。

英語で「マッシュルーム」というと、キノコ全般を指す場合もある、とのこと。

なるほど、、、
私は「キノコのピザ」を頼んでいたわけです。
マイタケが入っていてもおかしくありません。
「知らない」というのは大変キケンなことだと、身に染みたのでした。。

 

▼続きの記事はこちら

www.komiza-sumitai.com