I love Komiža in Croatia

クロアチアのコミジャに住みたい女がマイルを貯めて一人旅するブログ。 Please select your language from the "language" dropdown list.

【Croatia&Slovenia旅2016⑩】Komiža of Vis Island (Vis島のコミジャ) day3 → Zagreb(ザグレブ)

▼前回の記事はこちら

www.komiza-sumitai.com

 

 2016.09.20

 

コミジャ3日目


明け方、すごい風の音で目を覚ましました。
ゴオーッという台風のような激しい風の音。

「大丈夫かな。帰りの船出るかな。」なんて思いながら、また眠りに落ちました。。

 

Komiža(コミジャ)最終日の朝

 

朝になり目を覚ますと...

f:id:Komiza_sumitai:20170910153529j:image

 快晴です!

このアパートの窓からの眺めが大好きです。

 

 f:id:Komiza_sumitai:20170910153558j:image

 コミジャ滞在中、1番のいい天気。

雲一つない青空。

 

 

今日もまたalternaturaに向かいます。

https://www.alternatura.hr/

きのう「スティニヴァビーチだけなら行けるかも」と言われていたので(【Croatia&Slovenia旅2016⑨】Komiža of Vis Island (Vis島のコミジャ) day2 - I love Komiža in Croatia)、最後の希望を持って。

 

しかし行ってみると、「今日もダメだわ。。」と。

 

がーん
そうか...

 

9月は50%の確率で入れるという青の洞窟。
3泊すればどの日かは入れるでしょう、と思っていました。
だって50%だからw

 

でも甘かった~。

 

当たり前ですが、海の波の高さは突然変わるわけじゃありません。
天気が悪くなるにつれ荒れてきて、天気が回復しても波が穏やかになるには少し時間がかかります。

 

今日はこんなにいい天気なので、初日にalternaturaの方が予想した通り(【Croatia&Slovenia旅2016⑧】Komiža of Vis Island (Vis島のコミジャ) day1 - I love Komiža in Croatia)、明日になれば青の洞窟も再開しそうです。

 

ここコミジャはのんびりした穏やかな町。
1週間くらい滞在して、その間にタイミングが合えば青の洞窟にも行く、っていうのが良さそうです。

 

次回はまとまった日数滞在して、再チャレンジしよう!と思いました。
というか、もうコミジャに住みたい。

 

 Komiža(コミジャ)街歩き3


最後にコミジャを目に焼き付けようと、散歩します。

 

 f:id:Komiza_sumitai:20170910153620j:image

昨日までも素晴らしい町並みだったけど、快晴だと、もっと良さがわかります。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153716j:image

 会議中の猫達。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153732j:image

 真っ青な空と広がる大地。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153749j:image

 ぶどう畑かな。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153802j:image

 また猫。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153816j:image

 こういう細い路地がたくさんの街。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153829j:image

 町中どこを歩いても素敵です。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153842j:image

 海が見える道。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153856j:image

 この景色。

あぁ、名残惜しいです。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153908j:image

 海の色が本当にきれい。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153923j:image

 コミジャ滞在中、何度も見たこの港の景色。
雲一つない快晴だと、より美しいです。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153936j:image

 港の海がこの透明感!
魚も泳いでいます。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910153951j:image

 あぁ...なんて綺麗なんだろ。。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154005j:image

 古い町並みと美しい海。
この2つが合わさっているところが、コミジャの魅力です。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154031j:image

 建物と建物の間から、突然海が現れます。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154046j:image

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154113j:image

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154132j:image

 うわ~

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154144j:image

 この色!
あまりにも綺麗で、もう言葉が出ません。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154159j:image

 あぁ...

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154220j:image

こんなに美しい場所がこの世に存在するなんて。 

 

いくら見ていても飽きません。。

本気でこの町に住みたいと思いました。

絶対にまた来よう。

 

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154233j:image

 カフェでお昼ご飯を食べて、

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154245j:image

 アパートで預かってもらっている荷物を取りに行きます。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154259j:image

 3日間お世話になったアパート。

Apartments Donika, Komiža, Croatia - Booking.com

本当に居心地が良くて、オーナーも親切で、次回も是非ここに泊まりたいです。

 

Komiža of Vis Island (Vis島のコミジャ) → Split(スプリット)→ Zagreb(ザグレブ)

 

名残惜しいけど、コミジャを出発です。

 

行きにも乗ったバスで、島の反対側の「Vis」という町へ。

 

30分ほどでVisに着くと、フェリーのチケットを買うため、フェリー会社「jadrolinja」を探します。

▼時刻はこちらで事前に確認済

Timetables search

 

バスを降りてキョロキョロすると、向かい側の小道を入ったところに「jadrolinja」の文字が。

行ってみると、小さいカウンターの店舗。
「スプリットまで1人」
無事チケットを買えました。

 


乗船して、スプリットへ向かいます。

 

あぁ...コミジャからどんどん遠ざかっていく。。
寂しくて仕方ないです。

 


約2時間半の船旅を終え、スプリット到着。


ここからバスで、ザグレブへ向かいます。

▼時刻はこちらで確認済

AK SPLIT Online :: Timetable :: Departures from Split

 

フェリー到着からバス発車まであまり時間がないので、走ります!

 

すると、同じく走っている女性がw

なんとなく彼女と同じ方向に行くと、無事バス会社のカウンターに着きました。

 

「ザグレブまで1人!」

 

なんと、最後の1席が空いていました。
おおーラッキー。


チケットを買って、バスに乗り込みます。
1番前の席が1つだけ空いていました。
隣には、さっき一緒にダッシュした女性がw

 

スプリット→ザグレブ、約5時間のバスの旅です。

 

f:id:Komiza_sumitai:20170910154323j:image

 

途中1回だけ休憩をとり、ザグレブ到着。

 

夜のZagreb(ザグレブ)

 

さて、宿へ向かいます。

 

▼泊まるアパートはこちら

www.booking.com

 

苦手な地図と格闘です。。

 

ここ、と思われる通りを進むも、アパートに着かない...
道は暗いし、人通りもないし、怖い。。

 

なんか、ソ連映画さながらの冷たい雰囲気。。
あ、ソ連映画、すごく好きなんです。


これはキケンと判断し、一旦バスターミナルへ戻ります。

 

 

キオスクのお姉さんに地図を見せながら、「この通りってどこ?」と尋ねると...
ろくに地図も見ずに「知らない」と。。

 

つ、冷たい。。

 

で、アパートに電話。

私「道に迷った」
オーナー「周りの人に聞いてみて」

もう聞いたもん。
でも教えてくれなかったもん(´;ω;`)

 

 

美しくキラッキラで、みんな親切なコミジャ。
暗くて殺風景で、人も冷たいザグレブ(この時はそう感じた)。
落差に心折れそうです。

 


どうしよう。
あの暗い道はもう歩きたくない。
どうしよう。。
でも行くしかない!

 

意を決して歩き出すと...こちらにまっすぐ向かってくる男性が。

 

「〇〇(私の名前)?」
「そうです!」

 

なんと結局、アパートのオーナーが車で迎えに来てくれました。
うわ~ん、ありがとう( ノД`)

 

どうやら私は道を1本間違っていたらしく、、、
あっという間にアパートに着きました。

 


日本でいう古い団地のような、コンクリートの灰色の建物。
若干さびついた門をくぐると、裏側にアパートの入口がありました。

 

これ、かなり物騒・・・。

 

バスターミナルから近いからと選んだのですが、逆に夜怖いエリアだったかもと後悔。。

 


部屋に案内されると、ベッドルームとキッチンが別で、とても広々としていました。

しかしコミジャのアパートが余りにも素晴らしかったので、こちらは古くて暗い屋根裏という印象。。

 

コミジャに未練タラタラの私は、部屋の写真を撮る気にもなれず、「コミジャに帰りたい」ばかり頭に浮かびます。

 


つらくてたまらず、ベルリン在住の友達にLINE。
すると、時差もないし電話しようという事に。

 

私の「ザグレブはソ連なんだけど( ノД`)」に大爆笑の友達。
「ベルリンも暗くて鬱になるよ!」と。

 

コミジャがいかに素晴らしいか、ザグレブがいかに暗いか、を延々と聞いてくれて、だいぶスッキリしました。

 

ありがとう、友よ。。

 


そんなこんなで、ザグレブの初日終了。


明日は日帰りで、スロヴェニアに行きます!