I love Komiža in Croatia

クロアチアのコミジャに住みたい女がマイルを貯めて一人旅するブログ。 Please select your language from the "language" dropdown list.

【冬のシベリア鉄道&バイカル湖(オリホン島)】ウラジオストク観光(トカレブスキー灯台・鷲の巣展望台・オシャレカフェなど)

2019年2月15~23日、長年の憧れの地ロシアに行ってきました。

まとまった休みをとるのが難しかったため、今回はイルクーツクまでの東エリアのみ。

f:id:Komiza_sumitai:20190729223937j:image

 

旅程はこんな感じ↓

15日 東京→ウラジオストク
16日 シベリア鉄道乗車
17日 シベリア鉄道
18日 シベリア鉄道
19日 イルクーツク到着
20日 イルクーツク→バイカル湖(オリホン島)
21日 バイカル湖(オリホン島)
22日 バイカル湖(オリホン島)→イルクーツク→ウラジオストク
23日 ウラジオストク→東京

 

▼前回の記事はこちら

www.komiza-sumitai.com

 

 

早朝深夜でもご飯を食べられるオシャレカフェ

2019.02.16

ウラジオストク2日目。
夜にはシベリア鉄道に乗るし、その前にシャワーを浴びるので、観光出来るのは8時間ほど。
まずは朝ごはんを食べに行きます。

 

ウラジオストクの冬の朝。

澄んだ空気が気持ちいいです。

f:id:Komiza_sumitai:20190306232014j:image

夜の間に凍った道路は滑りやすくなっているので、ゆっくり歩きます。

 

この日は土曜日ということもあり、朝から開いているカフェがなかなかありません。
事前に調べておいた24時間営業のカフェへ行ってみました。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231843j:image

 

かわいい店内。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231932j:image

 

りんごジュースをたのんだら、まさかの絞りたて100%ジュース。

これは嬉しい♪
f:id:Komiza_sumitai:20190306231839j:image

 

ツナサンド。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231950j:image

 

で渡されたこれ。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231858j:image

 

開けてみると、グローブが入っていました。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231851j:image

サンドイッチを食べる時に手が汚れないようにするためのものらしい。

すごい気配り。

 

▼お店はこちら

Кафе STUDIO в центре Владивостока

場所はこのへん↓

f:id:Komiza_sumitai:20190306231941j:image

Svetlanskaya St, 18a, Vladivostok, Primorskiy kray, ロシア, 690091

 

冬のトカレブスキー灯台

ウラジオストクでどこをまわろうか調べていた時に1番気になったのが、トカレブスキー灯台。

満潮時には灯台へと続く道が海に沈んでしまうため、潮が引く時間帯にだけ行くことの出来る灯台。

冬期は海が凍りつくため道が沈まず、どの時間帯でも灯台まで行くことが出来るそう。

 

ウラジオストク中心部からは少し離れています。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232108p:image

 

「ヤルチンスカヤ」というバス停が1番近そうだったので、GoogleMAPに行き方をきいてみます。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231912j:image

もうほんと親切。

GoogleMAPがあれば、方向音痴&地図が苦手な私でもスムーズに目的地まで行けます。

 

Googleの言う通りに、59番のバスに乗ります。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232043j:image

料金は一律23ルーブル(約39円)。

や、安い。

 

15分ほどで終点に到着。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231905j:image

ここからは徒歩で灯台を目指します。

 

終点でバスを降りた場所にピンを刺したのですが、「ヤルチンスカヤ」のバス停からは少し離れているよう。

終点のバス停がMapには載っていないのかもしれません。

f:id:Komiza_sumitai:20190307014545j:image

終点から灯台までは、20~30分くらい歩いたと思います(あやふや 笑)。

 

トカレブスキー灯台へは、ウラジオストク中心部からタクシーで行くのが1番便利そうでしたが、ローカルバスに乗りたいし、景色を見ながら歩きたいので、私はバス&徒歩を選びました。

 

この哀愁漂う感じ...たまりません。f:id:Komiza_sumitai:20190306232030j:image

 

はるか遠くに、目指す灯台が見えます。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231835j:image

船ごと凍りついてしまったような景色。

見ているだけで物悲しさに押しつぶされそうになります。

 

最後は汗ばむ位になりながら到着。

ポツンと売店があったりして、これまたいい雰囲気。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232022j:image

 

車で来た人達もここからは歩きになるよう。

灯台まではまだまだ距離があります。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231909j:image

 

これが満潮時に海へと沈んでしまう灯台への道。

美しい...
f:id:Komiza_sumitai:20190306231928j:image

 

冬のこの時期だから見られるこの光景。

凍りついた海にのびる灯台への一本道。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231901j:image

 

凍っている海をこんなに間近で見るのは初めて。

白と水色の世界。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231831j:image

 

天気も良かったので、青空に白と赤の灯台が良く映えます。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232117j:image

 

バスを降りた辺りがはるか遠くに見えます。

よく歩いたなぁ。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232039j:image

この辺りはたまにアザラシが出るらしいので、どこかに顔を出していないか、凍った海をしばらく見渡してみましたが、残念ながら見つけることは出来ませんでした。

 

ちなみに、私は歩いたり写真を撮ったり、景色に感動してテンションあがったりと忙しいのであまり寒さを感じなかったのですが、iPhoneには寒すぎたようで、突然シャットダウンしてバッテリー5%とかになってしまいました。

なるべくポケットで温めたりと気をつけてはいたのですが、出している時間が少し長くなった時に耐えきれなくなってしまったようです。

 

帰りもバス停まで歩きます。f:id:Komiza_sumitai:20190306232025j:image

 

寒くないのかな..?

f:id:Komiza_sumitai:20190307001636j:image

 

グム百貨店裏のオシャレカフェ

バスに乗って中心部まで戻って来ました。

だいぶ冷えたので(iPhoneが)、カフェにでも入って温まりましょう。

グム百貨店裏はオシャレエリア。

カフェなどが充実しているようです。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231937j:image

 

ガイドブックなどにものっているカフェ「コフェイン」。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232051j:image

Svetlanskaya St, 33, Vladivostok, Primorskiy kray, ロシア, 690091

 

なぜか店内の写真が皆無...。

 

ここで失敗をやらかしまして。

ケーキを1つたのんだのですが、「今なら1つの値段で2つ食べられるよ」と言われ、急遽もう1種類選んだんです。

そして来たのがこちら。

f:id:Komiza_sumitai:20190306232004j:image

えっ。

「1つの値段でもう一つ同じケーキがついてくる」という意味だったようで、ケーキが3つになってしまいました(笑)。

まあでも2種類目に選んだ右の緑のケーキがめちゃくちゃ美味しかったので良しとしましょう。

 

瀕死のiPhoneを充電し生き返らせたら、街歩き再開です。

ウラジオストクの街を一望出来るという「鷲ノ巣展望台」を目指します。

 

ウラジオストクの街を一望できる鷲ノ巣展望台

コンクリートむき出しの巨大な橋をくぐったりしながら、

f:id:Komiza_sumitai:20190306232035j:image

 

ケーブルカーの駅に到着。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231847j:image

 

中はがらーんとしていて無機質。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231958j:image

 

ちょうど来たので乗り込みます。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231916j:image

 

料金は14ルーブル(約24円)。

いやほんと安い。

 

車内に傾斜があってちょっと怖いです(笑)。

f:id:Komiza_sumitai:20190306231945j:image

 

ちゃんと行き方を調べてなかったのですが、ケーブルカーで上の駅に着いた所から少し歩くようです。

f:id:Komiza_sumitai:20190306232846j:image

 

右手の階段を下り、
f:id:Komiza_sumitai:20190306231919j:image

 

地下道を抜け、
f:id:Komiza_sumitai:20190306232100j:image

 

広場に出たらまた正面の地下道へ。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231854j:image

 

なかなかの長さの階段を上り、
f:id:Komiza_sumitai:20190306231954j:image

 

上り切ったら左へ。

のはずがなんと工事中で、真逆に迂回するように言われました。

なので、階段を上り切ったら右へ。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232055j:image

 

あと少しで着くはずが、真逆へ向かうこの悲しさよ。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232047p:image

 

遠回りしつつも到着!
f:id:Komiza_sumitai:20190306232017j:image

展望台って実はあまり興味がなかったりするのですが、やっぱり来てみるといいですね。

 

キリル文字が大きく書かれた船?が目を引きます。
f:id:Komiza_sumitai:20190306231924j:image

 

帰りは1番近いバス停まで歩き、バスで中心部まで戻りました。

とにかくGoogleMAPが全て教えてくれるので本当に便利。

頼りっきりで怖いくらいです。

 

ウラジオストクで買ったソ連時代のピンバッジ

今夜から3泊乗るシベリア鉄道で必要なものを買ったり、お土産屋さんを覗いたり、ぶらぶらと歩きます。

 

こちらのお店で買ったソ連時代のピンバッジがお気に入りです。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232010j:image

ルナ・イ・グロシュ

Ulitsa Aleutskaya, 26, Vladivostok, Primorskiy kray, ロシア, 690091

 

左はバイカル。

右はアエロフロートらしい(お店の方いわく)。
f:id:Komiza_sumitai:20190306232113j:image

1個100ルーブル(約170円)。

店内にはたくさんのピンバッジがあって、どれもどれも素敵。

頑張って2つに絞りましたが大変でした(笑)。

 

まだまだ歩きたい場所がありますが、時間も迫ってきたので、宿に戻ってシャワーを浴びて、いよいよシベリア鉄道に乗ります!

 

▼続きの記事はこちら

www.komiza-sumitai.com